リンパとはリンパ液、リンパ球、リンパ節などの総称で、体内に蓄積された老廃物や毒素などを体外に排泄する‘デトックス、浄化システム‘と体内に侵入した異物を身体から守る‘免疫システム‘などの働きをします。

リンパ管は血管のように全身に網の目のようにあります。リンパ管の中を流れるリンパ液は、筋肉運動などにより発生した老廃物や余分な水分などをリンパ節を経由して体外に排出する働きを担っています。しかし、血液のように心臓のポンプ作用の働きの器官が無く、筋肉の動きや血液の流れる血管の振動などによりリンパ液が流れています。運動不足や筋力の低下によりリンパの流れが悪くなり、老廃物や余分な水分などが排出されずに身体の中に残ってしまい、筋肉の疲れやむくみの原因にもなります。さらに、老廃物が排出されずらくなるために、内臓などの器官の働きにも悪影響が及び、さまざまな不調な症状が現れてきます。